導入事例

事例1
「もう紙のメニューには戻れない!」:居酒屋様 (約100席・地方都市)

導入前の状況
  • 紙伝票でオーダーテイクを行っており、オーダーミスが多かった(特にピーク時)
  • 飲食店の席数が多いのでオーダーテイク、配膳でのテーブルとキッチンとの往復が多く大変
  • 忙しくなるとアルバイト店員の機嫌が悪くなる それが原因でクレームになる事も
  • アルバイト店員は学生なので卒業等で2~4年で辞めてしまう
  • 新しく雇っても戦力になるまで時間がかかる
  • 募集・教育のコストがかなりかかっており、コストと見合っているとは思えない
  • アルバイト店員の質(接客レベル等)が昔より悪くなっている

上記の理由から、従来通りのアルバイト募集・教育へコストをかける方法からアルバイト人数を減らしつつ、飲食店の業務もなるべくタッチパネルで簡単なシステムに任せられるセルフオーダーシステムへ変更を検討されていました。

セルフオーダーシステムをご検討されていく中で、他社2製品との比較検討の末、導入コストメニューの更新のしやすさ、iPadを使うことでの近隣多店舗との差別化になる点が決め手となり、「メニュー.jp」の導入に至りました。

 

導入後
  • アルバイト店員を2人削減
  • 平均売上100万/月アップ
  • 平均顧客単価600円アップ(17%UP)
  • オーダーミスの低減
  • お客様からの接客に関するクレーム低減
  • テーブル、キッチン間の往復が約900から半減

当初はiPadのタッチパネル16台でのスタートでしたが、オーナー様が期待されていた以上の効果が出たため、すべてのテーブル・カウンターにiPadを導入し、合計iPad26台での運用に変更されました。(iPadを追加しても追加使用料はかかりません)

また、当初iPad2での使用でしたが、近くの量販店で下取りを行っていた関係で、導入約1年後にiPad Airへすべて変更、追加されました。(直近合計30台)

オーナー様からは「タッチパネル式に変更しても十分利益は出ている。もう紙伝票には戻れない」とのお声を頂いております。


事例2
「どう手を打てばいいのかわからない・・・」:居酒屋様 (約50席・中堅都市)

導入前の状況
  • 売上低下
  • 顧客単価の低下
  • 集客サイトへ掲載しているが、コスト、クーポンを考えると利益になっていない

上記のように、どういう手を打てばいいかわからないとお悩みの中、顧客単価・売上アップが期待できるセルフオーダーシステム「メニュー.jp」のご導入に至りました。

導入後
  • 平均顧客単価500円アップ(18%UP)
  • ホールスタッフの人数削減

導入後、おすすめにしているメニューやセットメニューが以前よりよく出るようになりました

2階建ての店舗の為、2階席にお客様がいらっしゃる時は、ホールスタッフを1人配置する必要がありましたが、「メニュー.jp」導入後は、わざわざホールスタッフを1人配置する必要がなくなりました。
また、2階席への往復が大変でしたが、オーダーテイクがなくなり配膳のみに変わったので楽になったそうです。
また、導入後に社員の1人が退職されましたが、このシステム導入にてその分のカバーも行えました


事例3
「ホールスタッフがいなくても問題なし」:居酒屋様 (約50席・地方都市)

導入前の状況

店舗を移転及び、新築工事するにあたり、そのタイミングでセルフオーダーシステムの導入をご検討されていましたタッチパネルで近隣店舗と差別化もはかれ、導入コストの安さで「メニュー.jp」の導入に至りました。

導入後

新店舗ではホールにスタッフを置かずに調理人が配膳まで行うようにしているとのことです。また、この状況でも運営上、問題なく営業しているそうです

オーナーインタビュー

 大阪府 A 店 オーナー 様    

セルフオーダーを導入しようと思ったきっかけは何ですか?

オーダーミス、通し忘れ(つけ忘れ)、会計ミス、順番ミスなども多く、
新人スタッフにメニューを覚えさせ、接客のやり取りを教える時間も大幅にカット出来る為。


メニュー.jpを選んだ決め手はなんですか?

導入費用0は大きい。
導入失敗しても持ち出しが少ない。(タッチパネルは売ることも出来るし他社に乗り換える事も出来る)


導入してみていかがですか?

・オーダーが早く出る、早く飲む⇒オーダーが増える
・オーダーミス・通し忘れ・配膳ミス・会計ミスはゼロ
・3人で回しているが、時間にも余裕が出来、スタッフ一人を店の前で呼び込みに回せるようになり集客にも効果的になった


紙メニューと比べていかがですか?

今の売上を紙メニューであげるのは無理。
もうタッチパネル(セルフオーダーシステム)がなくなるのは困る


満席時のオーダーの数のプリントをしていたら、床までダラーっとキッチンプリタから流れてきて、それをちぎって処理する方が時間掛かるし手間。

大阪店 A 店 オーナー様 感想

飲食店あるあるなのかもしれませんが、混雑時は全スタッフが忙しくオーダーミスやちょっとしたトラブルが起こることがあります。時には新人のアルバイトだけではなく、慣れている子でも焦ってしまい食器を割ってしまったり零してしまったりすることがあります。
私はそれらを見ていて混雑時でもスタッフ皆にあまり負荷をかけず、もう少し余裕を持って接客をしてもらえるようにしたいと思いました。
そこでセルフオーダーシステムを知りました。お客様自身にタッチパネルを使用してメニューを注文してもらいそれがキッチンに反映されるなんて思ってもみなかったので正直驚きました。
これを導入したことによって混雑時のミスやトラブルが減少され、現在は効率よくスタッフとも働くことができているので手放せません!